Twice 挨拶なんて言っているのかな??

TWICE(トゥワイス)の韓国語の挨拶にはお決まりパターンの言葉がありますよね~~テレビで見ていても絶対に言う挨拶!!

TWICEの挨拶がなんていってるのか気になりませんか?韓国語のような気もしますが・・・

TWICE日本人メンバーがどのように挨拶しているのかが気になって調べてみるとちょっと深い意味が込められていました。

そこで今回は、TWICEのみんながする、挨拶についてお知らせしますね♪


TWICEについて

『いい音楽で一度、素晴らしいパフォーマンスで二度魅了させる』アジア発9人組、ガールズグループ!!衝撃のデビューを飾った彼女たちは、韓国で放送されていて、多くのアイドルを生み出している、サバイバル式のオーデション番組で厳しい審査を勝ち抜いてきた女の子たちです。

2015年10月に華々しく、かわいくて素敵な韓国、日本、台湾とのアジア人9人でデビューを飾りました。

シングルもアルバムも軒並みナンバーワン、人気も急上昇中の、勢いのある「TWICE」それぞれ個性あふれるとってもキュートでかわいい9人ですよ~~(*^_^*)

グループ名の『TWICE(トゥワイス)』について

グループ名のTWICEには、「良い音楽で1度、素敵なパフォーマンスでもう1度感動をプレゼントする!」
と意味があるんですよ!!

ステージを見に行った人なら必ず、二度の喜びを感じて帰るといいますよね・・・(*^_^*)グル―プ名通り、楽しませてくれています♪

挨拶してくれている彼女たちはなんて言っているの??

常にファンの事を想い、考えてくれるTWICE、韓国語でも中国語でも日本語でもすべての人たちに心を込めた挨拶をしてくれています。

言葉なわからなくてもメンバーの表情からすごく伝わってきますよね。

TWICEのみんなが、なんていってるかよ~~く聞いてみると、必ず挨拶では『one million』というフレーズが出てきます!!

TWICEの挨拶でone millionとはどういう意味でしょう?

「ONE IN A MILLION」とは、日本語に訳すと、『100万人に1人』という意味になります!

TWICEの『one million』という所から始まる挨拶には、「大勢の中のあなたへ」という意味が含まれていて・・一人一人のファンを大切に思っての挨拶なんですね!

『ONE IN A MILLIONこんにちはTWICEです!』というと、応援してくれる人一人一人に言葉を投げかけてくれていたんですね。♡♡♡

この『one million』の思いや意味を知っていると、知らないのでは大違いですよね。ファンなら知っていて当然かもしれませんが、言葉は違っても、思ってくれているんだと思うと、なんだか、一層に親近感が持てますね!

韓国語挨拶

ハナ!トゥル!セッ!
 One in a millionアンニョンハセヨ TWICEイムニダ

韓国では、おじぎの時に胸元をおさえて、相手に敬意を表しています。目上の方への挨拶を重んじていることらしく、国によっていろいろとあるのですが、すごく、気を使っているのがわかりますね。

日本での挨拶

いちに、さんっ「ONE IN A MILLION.
はじめまして、TWICEです。」です。

おじぎをして挨拶する姿は、可愛いし、とってもキュート!!✿

9人みんなで心を込めて挨拶をしてくれるのは、かわいいし、うれしくなっちゃいますね。

歌いだす前の声掛け!!

メンバー同士で声を掛け合っているのをよく見ます「TWICE TWICE チャランジャ!」~~意味としては、「チャランジャ」が韓国語で「よくやろう!がんばろう!!」っていうことらしいですよ!!

日本でも試合の前や、芸能人のコンサートの前など、円陣を組み、士気を高める言葉を口にしますよね。気合十分入って、みんなの目の色も変わる一瞬ですよね~~

TWICEは、「感動してもらえるライブをガンバろう!」と言う言葉を掛け合っていんですって!!すごいすごい!!

ライブへ出かけて、TWICEの可愛らしい挨拶や声掛けなど、目の前で見たいですよね!

ファンの掛け声

ワンス(ファン)は掛け声として、ライブを盛り上げる役割があるんですよ~~韓国では、掛け声は公式が考えて決めたフレーズになっています。

TWICEに見とれていると、「言えなかった。。。」となってしまいかねないので、覚えておきましょう!!

掛け声はメンバーの年齢順です。(先輩から後輩)。韓国と台湾メンバーはフルネームですが、日本メンバーは苗字は省いて、下の名前だけですよ~~

(TTのイントロが始まるとほぼ同時に)

イム・ナヨン!ユ・ジョンヨン!モモちゃん!サナちゃん!パク・ジヒョ!ミナちゃん!キム・ダヒョン!

ソン・チェヨン!チョ・ツゥイ!

ワンイン /ナ/ ミリオン
セサンエ/ ダン/ ハナ /プンイン
トゥ・ワ・イ・ス!

「ONE IN A MILLION」は英語でして、その他は韓国語です。TWICEの事務所社長が考案したそうです。

社長の思いれもすごいですし、ファンを虜にさせる術をもっていますね~~

日本語訳としては「世の中にひとつだけのTWICE」です。覚えて、TWICEのために、役を全うして、同じ時間を一緒にたのしみたいですね==♡♡♡♡♡

ナヨン&ジヒョのこと

TWICEのメンバーはみんな、歌も踊りもとっても上手ですよね!

ですが、メンバー中もっとも最年長のナヨンとリーダーのジヒョは、今月24日に韓国JTBCの「キム・ジェドンのTALK TO YOU=あなたは幸せですか」にゲストで出演した際に、驚きの発言をしていましたので、その内容をお知らせして行きますね。

まず最年長のナヨンからお話して行きます。

ナヨンはステージに立つことが好きで芸能界の道を選んだそうです。

しかあい、6~7年くらいすると自分よりもずっと上手な方たちと自分を比較するようになって行き、いくら頑張って練習をしても自分はその方たちのようにはなれないと思ったそうです。

そして、そのように人と比べだした頃から実力も全く伸びることがなかったと言っていました。

その時は、本当に辛くて仕方なかったけど、ある時、心を楽にして方の力を抜き、人と自分を比べないようにしてみたそうです。

自分よりも遥かに上手な方が沢山いる中で心を楽にするというのは本当に大変なことだったけど、自分に対して欲を出せば、きっと乗り越えていけると考えた事を話していました。

続いてグループのリーダージヒョに関してお伝えして行きます。

ジヒョは、他のメンバーよりも練習期間がとても長く10年以上もの間練習生だったそうです。

長い練習生生活の中、いつでびゅー出来るのかばかり考えていたそうですね。

そんな中、あまりにも長く厳しい練習生活だったので、もしかしたら自分には歌手として進んで行く事が正しいのか?すごく悩んだそうです。

そして考えた末、歌手としての夢を諦めようとしている時に今のTWICEというグループに巡り合い、歌手としてデビューすることができたんだそうですよ。

そしてやっと念願の歌手デビューを果たしやっとホッとしたのものも束の間、本来の担当はリードボーカルにも関わらず、突然メインボーカルになってしまい、そのあまりの負担に毎日泣いたそうです。

念願の歌手になることが出来たにも関わらず、夢が叶っても必ずしも幸せだと言う事ではないんだなっと思ったそうです。

それ以降、メインボーカルの自分の歌唱力を聞く観客たちの視線がとても怖くなったと言っていました。

でもそんな中、コンサートを開き自分の歌を聞いたお客さんたちがすごく嬉しそうな顔をして入るのを見て、自分の歌でお客さんが喜んでくれるという事実に初めて気がついたんだそうです。

また、ジヒョはグルーのリーダーとしても重要な役割を持っているので、その責任の重さも話していました。

テレビで見ている彼女たちは、いつも明るい顔で私たちワンスを楽しませてくれるステージを沢山見せてくれますが、やっぱり影では相当な努力や心の葛藤と戦っていたようですね。

ナヨンもジヒョも本当に素敵な女性ですね♪

ナヨンもジヒョも、箱のメンバー同様これからもっともっと沢山の良いステージを見せてくれる事と思います♪


まとめ

TWICEのかわいい9人が、挨拶してくれている意味が分かりましたね。とってもファン一人ひとりを大事にしてくれている彼女たち、そして、一つのステージをファンのために気合を入れて全力投球、パフォーマンを繰り広げてくれていることもわかりましたね!!

ただのアイドルではなく、サバイバルオーディションを勝ち抜いてきた彼女たちだからこそできる、ステージだったりファンサービスだったり、ますます応援したくなっちゃいますね。

まだまだ、TWICEは、駆け出したばかりですが、勢い止まらず人気も急上昇中ですよね。

言葉が違っても、その国に合わせた対応を心がけるところなんて、彼女たちにしかできないのではないでしょうかね。

そして、一つの大きな壁を乗り越えて更に一回り大きく成長したナヨンとジヒョの今後の姿にも期待して行きたいです♪

これからも、みんなで応援していきましょうね。

今回は、TWICEなんて言っているの?&ナヨンとジヒョの事について調べてみました♫